「ネットワークカメラ」に注目が集まっていますが、ご存じでしょうか。
監視カメラはもう古い、スマホを使っていつでもチェックできるネットワークカメラこそが主流となってきています。
お子さんやお年寄り、ペットの様子を見守ったりするためにも使用することができるなど、
その他にも様々な目的に使うことができますし、以前よりかなり安価で手に入るようになっているので、
ネットワークカメラの利用者はここ数年で大幅に上昇しています。
設置は簡単で、電源・Wi-Fiへの接続でネットワークカメラをご使用できます。

データはSDカードやクラウドに保存できるので、録画用に別途機器を設置する必要もなく、
専用のスマホアプリを使うと、録画された映像やリアルタイムに映し出される映像を逐一チェック出来ます。
防犯で使用したいのであれば、クラウド保存に対応しているものを選ぶことをおすすめします。
もし犯人にカメラを破壊されたとしても、データはオンライン上に保存されているため犯罪などの証拠として使えます。
キッチンで家事をしながらお子さんに話しかけを、双方向で音声通話に対応してくれる機種のネットワークカメラだってあります。
旅行や出張や買い物などをしている時に、自宅にいる子供やペットの様子を確認したり、
遠くで暮らしている高齢の家族を見守りたいときにも、
色々な事情で見守りが必要な時に活用出来るのがネットワークカメラを使用する魅力です。
ネットワークカメラを選ぶときに注目して欲しいポイントは、「画素数」「フレームレート」「視野角」「動体検知機能」の4つです。
出来るだけ細かな描写を期待したいのであれば、画素数が高い方が良いです。
動きの速いものを捉えるにはフレームレートを基準とすること、FPSの値の高いものにしましょう。
スピードの速い被写体を撮影する可能性があるなら、そのようなカメラを選ぶようにしてください。
固定式タイプもあるものの、主流となるのはパン・チルト対応の可動式のネットワークカメラです。ドアから出てくる姿のみを捉えたいといなら固定式でも十分でしょう。
撮影したいエリアが広い場合には、広角カメラを選択するのも手ですが、首振り(パン・チルト)対応のカメラを選択するのもアリです。
「動体検知」ができる「ネットワークカメラ」は、動きのあるものを検知したときにだけ自動で録画するので、とても便利です。
誰もが寝静まって動きが無い中で突然現れた動く存在、空き巣をピンポイントで撮影できるのです。
動体検知機能搭載のネットワークカメラ、
ふいに対象物が動いた場合にすぐにスマホに通知が来るように設定することが可能なので、どこにいてもすぐに目的を果たしてくれます。
また、暗い場所での撮影が可能な赤外線ライトを搭載したネットワークカメラも多く、
夜間の防犯対策や暗い室内で睡眠中の赤ちゃんの見守り用など、活用方法は様々です!
ネットワークカメラの本体は3000円ぐらいから手に入れることができますし、他にネット回線さえあれば使用はできるので
例えば大切な愛車にいたずらをされないように、ストーカー被害を警察に訴える際の材料としてなどネットワークカメラの活躍の場はいくらでもあります。
ネットワークカメラを使って、家を守る為の使い方は想像以上に多いでしょう。
販売しているメーカーの中には、パナソニック等の大手も含まれていますので安心です。
ぜひ値段や様々な機能を比較して、使用場面に合うネットワークカメラを購入してください。